神農祭

e0139165_2257593.jpg
e0139165_22581711.jpg

かなり細い空間です。
ここは、以前記事にしました、レトロビルの
伏見ビル青山ビルのすぐ裏手にあります。



e0139165_22585281.jpg

 じつは、昨年2009年の写真ですが、アップの機会がなく今となりました。
大阪御堂筋の道修町3を横切って、
e0139165_2311413.jpg

今年はトラ年ですが、ここはいつもトラです。
大阪の方は、道修町ときくと...お分かりですよね。。。
e0139165_2313748.jpg

薬の街です。近くには有名な薬品の会社のビルが沢山あります。
ここは、少彦名神社。
e0139165_2315449.jpg

そして、毎年11月22日と23日にお祭りがあります。
大阪は1月の「商売繁盛ささもってこい」の「えべっさん」からはじまり、
この「神農祭」が「とめの祭り」で締めくくるといわれてます。
e0139165_2321244.jpg
e0139165_2332692.jpg

e0139165_2334584.jpg
境内までは、こんなに狭い通りです。
e0139165_234445.jpg

e0139165_2338220.jpg

e0139165_2312176.jpg

飾りは薬の箱
e0139165_23124195.jpg
境内は狭いので人の列ができてます。

e0139165_23125971.jpg
どうして虎?江戸時代コレラが流行りました。
トラやオオカミやってくるような恐ろしい病気で、「虎狼疫=コロリ」と当て字。
その時、道修町の薬種仲間が虎頭骨などの配合の丸薬をつくり
張子の虎を併せて笹につけ疫除祈願を込め配布。
この時から神農祭と続いています。
隣のビルに資料館があります。
e0139165_23131458.jpg
e0139165_23133020.jpg

e0139165_23393932.jpg

入札箱
e0139165_23395230.jpg

e0139165_2319598.jpg
e0139165_23192224.jpg
e0139165_23193863.jpg
e0139165_231954100.jpg
e0139165_23201873.jpg
e0139165_23203842.jpg

大阪...川の街、証券取引所の街と思っていたら、薬の街でもありました。
近くには露店が軒を並び、今年も間もなく、道修町は賑わいそうです。
写真は昨年のものです。
[PR]