空堀 4回目 ちゃぶ台と盆栽とお茶と...

e0139165_20161784.jpg
こちらは、お部屋の中から
入り口に向かって撮りました。
前回の記事のエクチュアさんから数分のところにあり、
入り口からちゃぶ台が見えたのです。
チョコドリンクの後だったので、通り過ぎただけでしたが、
レトロ好きのミフィティは、隙間から見えた「ちゃぶ台」が気になり...
再び行きました。
e0139165_20242958.jpg
カフェには必ずある自転車。
普通のお家の佇まいなので、通り過ぎてしまうことも、
e0139165_20264551.jpg
なぜか?お店のなかには盆栽。
風情のあるミニ盆栽。
e0139165_20285342.jpg
ちゃぶ台。写真もいいとのことで。
e0139165_20344099.jpg
  茶葉を入れて、お湯を注ぎ溢れさせて 急須(茶壺 チャフー)と言うらしいです...
   舟のように受けてる器が(茶舟 チャフネ) 中国読みは分かりません。
e0139165_20353880.jpg
  (茶海 チャカイ)に、移し変えて、お湯をよく切って 
e0139165_20375257.jpg
移し変えた器から、
  さらに、右の細長い方に移し変えて、今度は、左の茶碗に移し変えます。
  始めに、右の細長い方の空の湯のみに残ってる香りを楽しみます。
  そして、左のお茶碗へと(丁度、飲める熱さになってます)
  これを、何回も繰り返しながら、お茶を楽しみます。
少し、日本のお煎茶のお点前に似てるのですね。
☆~香りを楽しむ右の方は、(聞香杯 モンコウハイ)。
        左の飲むほうは、(茶杯 チャハイ)と言うべきでした...

e0139165_2039262.jpg
e0139165_20402757.jpg
e0139165_20405372.jpg

e0139165_0533998.jpg

  一回目は、店主さんが、お点前をしていただけます。
  大きさが分かりますね。小さくて可愛い。
  そのお点前を、よくみていると後は一人でできます。
  丁寧に説明もしていただけますし...
略式もありますが、本格的な気分が味わえる「工夫茶」でいただきました。
とても...もの静かな店主さんのおかげで、時間の緩やかな流れを満喫できました。
手際のいいお点前で、写真を撮るのも忘れるぐらい。
そうそう、一番はじめは、店主さんが、茶壺と聞香杯と茶杯をお湯を通されます。
e0139165_2043669.jpg
中国では、桃は、神仙に力を与える樹木・果実と呼ばれ、昔から邪気を祓い不老長寿を与える植物として親しまれているとのこと。
e0139165_20433216.jpg
そして、
中国語では、蝙蝠の音が「偏福(福が偏って来る)」に通じるため、幸運の象徴とされているとのことです。
好物は、お花の蜜とのこと。
e0139165_2045064.jpg


中国茶ですが、苦手な方でも飲める優しい味わいでした。
   「茶盆」  sabon さん 
http://www12.plala.or.jp/komakomado/map.html
中国茶と盆栽とハンドメードを楽しめるカフェです。
定休日が水曜ですが、不定休なので行かれる方はご確認を。
open は、12:00です。

☆~このようにゆっくりと、お茶の香りを楽しみながら時間を過ごすのもいいですね。
たまには、緩やかな時の過ごし方も大切かも知れません。

そして、盆栽もあるのですから、鉢も、このようにあります。
e0139165_23103439.jpg
こちらは、「うさぎ庵」さんの極小豆鉢
直径2cmぐらいの豆鉢、可愛いでしょう。

e0139165_1725964.jpg
ミフィティのは、盆栽と言うよりも
挿しただけですが...ちょうど、弁天さまが来てくださいましたので、いい感じに?
苔があればよかったのですが。。。

お時間がございましたら、空堀一回目からご覧ください。
そして、ミフィティの空堀探検はつづきます。
次回は、長屋のギャラリーとグリーンです。
また、来てくださいね。
[PR]