空堀 6回目  ~ 人 と 人 の つながり ~

e0139165_12515031.jpg
e0139165_1253470.jpg
e0139165_12532064.jpg
e0139165_1253361.jpg

e0139165_2150320.jpg

e0139165_2127558.jpg
冠木門(トンネル路地)


ミフィティの下手な写真もセピア色にすると、少しは風情が伝わるかしら。。。
イメージとしては、このセピア色の方が近いのですが。。。
少しベールをかけたようにとの意図もありました。

「空堀」 大阪の中心にありながら戦災を免れて、懐かしい町並みが残っています。
ほんの少し歩くとオフィス街です。
今は、この町に憧れ、長屋を改造してカフェや雑貨のお店も増えてきているとのこと。
新しいものとレトロな感じのものとのコラボともいえるのでしょうか、
坂道、階段、長屋、路地、無作為に置かれた植木鉢、瓦屋根、石垣、地蔵堂、祠、ねこ...
今まで行ったことも、ないのに懐かしくて、ほっと、するような落ち着く感じがします。
ビビットな色がないからかな、静かだからかな、電子音がないからかな...
でも、近くには、ビルが建設中です。。。

あれ、でも猫の写真ばかり、長屋は?
実は、写真はこそっと沢山撮ったのですが...
人が住まわれてるお家なので、アップは控えました。すいません。
猫ちゃんが十分に語ってくれるかと...
なぜか?猫ちゃんにチョットすいませんと、頭を下げながら近くを歩きました。
なぜか、ビビリながら撮った写真ですので...
ブログにのせよ~♪ と撮ってるのが猫さんにバレてしまったからでしょうか?
シエスタの時間を邪魔したのかもしれません...

長屋や蔵...レトロという言い方をミフィティはしていますが
         ミフィティ的には、このレトロは、古いとかでなく...文化、 人と人の繋がりを意味します。

もし、お時間がございましたら、空堀1回目からもご覧ください。
[PR]