CONTES ET FABLES

e0139165_20413651.jpg

子うさぎセレクト 第3回目です。

シャルル・ペロー(Charles Perrault)
1628〜1703
詩人、小説家
フランス パリ生まれ、弁護士として活動する傍ら
ブルボン王朝ルイ14世時代の高級官僚として、
また、アカデミー・フランセーズの卓越した会員としても活躍した。

シャルル・ペローの昔話と寓話を全部、できるかぎりオリジナルに
近い形で出版を選ばれ、ふしぎでしかも現実味のある物語を
子どもにも大人にも何度でも読んでもらいたいと刊行された,
 Gründ社 より



  
e0139165_20441968.jpg

e0139165_2046588.jpg
e0139165_20483677.jpg
e0139165_20505963.jpg
e0139165_20515279.jpge0139165_2053666.jpg
e0139165_20541880.jpg
e0139165_0573451.jpg

韻文による物語 3話 (愚かな願いごと 他)
過ぎし昔の物語と教訓 8話
(眠れる森の美女、赤ずきんちゃん、長靴をはいた猫、小さなガラスの靴 他)
その他の物語と寓話 38話
(逆さまにぶらさがったネコとネズミたち、キツネとツル、
      ウサギとカメ、キツネとブドウ、羊になつた羊飼い 他)

ペロー生誕380年記念出版
〜 エスプリのきいた子どもと大人のための物語(教訓)〜
ペロー 昔話 寓話
 絵  エヴァ・フラントヴァー
 訳  末松氷海子
発行所 西村書店
初版  2008年11月10日 
365ページ かなりブアツイ 厚み35mm
ほとんどのページにカラー挿絵があります。

PS. 挿絵というよりも、細部まで細やかで、
ひとつの絵画として成り立ってます。
絵を見るだけでもかなり楽しめます。
本文は、大人用ですね、ちいさなお子様には、書き方が難しいかも
子どもの頃にきいた物語が、新たな発見とで面白くもあり、懐かしいです。
寓話って面白さの中に怖さが隠されてますよね、
そして、教訓的なことも...
子うさぎは挿絵がかなり気に入りました。
365ページのほとんどにカラーの挿絵が大きく入ってるのですから。
本来、本の中身はアップしないことにしていますが..
それでは、意味が不明瞭になるので、ほんの少し載せました。
紹介を兼ねて個人で楽しめたらいいと思いましたので。
e0139165_19453624.jpg
     羽根の繊細なタッチ
e0139165_19481475.jpge0139165_19512248.jpg
右のページをめくると次のページに。。。
[PR]